トップ > 私の腕時計について

私の腕時計について

私は腕時計が好きである。たぶん誰でも腕時計は好きだと思う。安い物・キーホルダータイプの物でも"時間を教えてくれる"というのには十分に役に立ってはくれるけれど、やはり美しく光輝く腕時計にはウットリさせられてしまう。

学生の頃、若い頃は安い時計で我慢していた。高価な腕時計など買って貰えないし、時計として使えれば満足していたものだ。しかし、現在は少し高価な腕時計を使っているのだ。

結婚20周年の記念にと、なんと夫が買ってくれた時計である。2010年CITIZENの春の新商品で、定価105,000円(73,500円で購入)の物だ。軽くて美しくてとても気に入っている。

私にとって、本当にな大事な宝物である。実は本当は他のデザインの腕時計(値段も半分)が欲しかったのだが、当時は女性用腕時計のピンク系がほとんど売り切れ状態で、3ヶ月待ちと言われて諦めた。

たかが3ヶ月なのだが、待てなかったのは私ではなく夫のほうだったのだ。ところが2年過ぎたある日、その腕時計がピタリと止まってしまった。

不思議なのは秒針も含めて3時ぴったりだった事だった。私は時計を購入したお店に持って行き、店員さんは強いライトを当ててくれたのだが、それでもダメで「本社へ修理に出します」と言ってくれた。

そして3週間後に修理の出来上がったものは、詳しい事は分からないが「機械を交換しました」と書いてあった。新品に替えて貰えたのはラッキーと考えよう。これからもこの腕時計を、ずーと大切に使っていきたいと思っている。

前の記事 | 

関連記事
カテゴリー
更新履歴
私の腕時計について
2014年2月26日
おしゃれの幅が広がるね・・ディーゼルの腕時計
2013年11月 7日